子どもが中学受験でストレスを溜めないために、母親がやるべきこと

子どもの将来のために・・・

 

そう思って子どもの受験に力が入っている母親は非常に多いです。
ですが、小学生の子どもにとって、中学受験がどういうものか自分ではわかっていません。

 

お母さんが
「たくさん勉強して良い中学に入ったほうがいいといっているから」
というだけで親の言いなりになっていることがほとんどだと思います。

 

やりたいゲームも我慢し、友達と遊ぶこともできない環境で、ただひたすら受験に合格するための勉強をしているだけでは、小学生の子どもにとっては大きなストレスとなります。

 

まして、成績が悪くなってきたものなら親からひどく叱咤されるため、そうしたプレッシャーも心の大きな重圧となり、ストレスを抱えることになるでしょう。

 

そうした生活の中で「はやく勉強しなさい」と、火に油を注ぐような押しつけをするのは母親として失格です。

 

子どもが勉強に集中できるのは、温かい家庭環境があってこそ。

 

ストレスが無い環境は中学受験で合格するための必要条件なんです。

 

>子どもにストレスを与えない環境づくり
子どもが少しでもストレスを溜めないように配慮するのが母親の仕事です。
あたかも自分が受験するようなつもりで母親自身がピリピリしていては、その気持が子どもにも影響を与え良い結果に結びつきません。
学校や塾で疲れた子どもを暖かく迎え入れることが、精神的に安定させるためには必要なことです。
何よりもリラックスさせて勉強に集中できる環境が必要なんです。

 

・子どもの悩みを聞いてあげる
学校での悩みや問題などがあれば、その話を聞いてあげるだけでも子どもにとってはストレス発散になります。
些細な事でもいいので、悩みに相談するようにしましょう。
とはいっても話をしてくれないこともあるかと思います。
そういった時にはこちらから優しく声をかけるようにします。
たとえ返事をしてくれなくても、「母親が気にかけてくれている」とうだけで子どもは安心感を得られます。

 

 

・頭の回転が良くなる献立に気を使う
記憶力をよくする「レシチン」は大豆食品に多く含まれている食材です。納豆や豆腐などは受験生には欠かせません。
それに集中力や思考力を高める「テオブロミン」はカカオ豆に多く含まれ、食品としてはチョコレートなどがありますね。
そのほか、炭水化物に含まれる「ブドウ糖」、魚に含まれるDHAは脳の発達には無くてはならない栄養素です。
そうしたものをバランスよく摂ることで成績アップにつながります。

 

・子どもの前で怒鳴らない
子どもに向かって大声で叱ったり怒鳴ったり、夫婦喧嘩をしていては、子どもにとって良い環境ではありません。
親の不安は子どもの不安でもあります。
不安や怯えで勉強していても頭のなかには入りませんから結果的に勉強を阻害している事になります。

 

・動物に触れさせる
動物に触れることで癒やし効果が生まれ、気持ちがリラックスすることは広く知られています。
職場に犬を飼って環境の変化をもたらしたところ、業務の能率が上がり売上が上がったなんていうのは有名な話です。
つまり癒やしが心に良い影響を与え、勉強に集中できる結果につながります。

 

・たまには息抜きをさせる
勉強が好きな子は稀です。嫌なことを長時間続けているとストレスが溜まるばかりか注意力も散漫になり、勉強もはかどりません。適度に休憩をさせるのは当然ですが、できれば大好きなゲームなどをやらせて気分転換を図ると、その後の集中力が長続きします。

 

・良質な睡眠を促す
体にとって心身ともに休ませる事ができるのが睡眠です。ただ睡眠を取るだけではダメで良質な睡眠こそが受験生には必要なことです。勉強するために夜遅くなることもあるかと思いますが、子どものうちはできれば8時間は取らせるようにしてください。

 

 

>良質な睡眠こそ結果を大きく左右する。

 

中学受験を控えた子どもは、大人になるため心や体を成長させる大切な時期でもあります。
成長ホルモンを分泌させる時間帯はおおよそ夜22時〜翌朝2時ころだと言われていますから、この時間帯にグッスリと熟睡出来ていることがとても大事なんです。

 

健康な体作りは受験に最も必要な要素の一つなので、体調管理にも十分配慮しなければいけません。
ストレスで眠りが浅い状態が続くと成績にも大きく影響しますからね。

 

そこで必ずしも必要だとは言いませんが、良質な睡眠を得るためにサプリメントの力を借りるのも一つの方法です。

 

サプリメントは薬のような副作用がなく、植物から抽出したリラックス成分を主体に作られていますから体にも安心。
サプリは食品としての扱いになるので、子どもに飲ませても安心なんです。

 

一方で、サプリメントは効果があるかどうかわからないからと言って、深い眠りを作るために睡眠薬を服用させるのはおすすめしません。

 

睡眠薬は薬なので確かにグッスリ眠れる効果はあると思いますが、翌日まで眠気が残り、日中もスッキリしない状態が続くことがあります。
体がだるく頭もスッキリしないと勉強しても意味がありません。
それに体がまだ未発達な子どもにとって、早くから薬に頼るのは良くないことです。

 

>子どもにも安心なグッスリサプリ「マインドガードDX」
マインドガードDXは他のサプリと違い、ドリンクタイプなので子どもにも飲ませやすいのが特徴。
サプリによくある錠剤タイプだとうまく飲み込めない子もいますが、液状ならジュースなどと混ぜて飲むことができるので、比較的続けやすいと思います。

 

例えばこんな飲み方だってできるんですよ♪

 

これならサプリ独特の風味が消せるのでおいしく飲むことができると思います。
どんなサプリメントでもそうだと思いますが、こうしたサプリは薬草やハーブから抽出した成分が多く含まれていますから、独特の風味があるんですよね。
他の休息サプリ(錠剤タイプやゼリー状のもの)だと口に入れた瞬間、薬草臭いニオイがして毎日子どもに飲ませるには難しい面もありました。
ですが、マインドガードDXならそうした生薬成分の不味さを極力抑え、とても飲みやすく仕上がっています。

 

ですから好き嫌いの多い子どもには、マインドガードDXがぴったりだと思います。

 

それに、休息サプリをただ飲ませればいいというものではなく、例えば天然の休息成分「クワンソウ」は他のサプリと比較してダントツに多く配合されています。

 

ですからより質の良いグッスリが得られると思います。(もちろん個人差はありますけど)

 

まだまだ成長盛りの子どもには、成長ホルモンが分泌される夜間の睡眠がとても大切。
夜にしっかり睡眠を取ることで、毎日効率的な勉強ができると思います。

 

マインドガードDXはお試しセットが用意されています。
送料、手数料無料で22%割引が適用されます。

 

販売は公式サイトのみ。

 

アマゾンや楽天では販売されておりません。

 

>中学受験の子どもにピッタリの休息サプリです。